1月サイエンスフェア

1月23日に道東の標津にてサイエンスフェアを行いました。

今回も方法以外に、地域カリキュラム専攻の物理学研究室も参加しました。

今回授業開発コースからは、以下の3ブースを出しました。

・空気銃ブース
ペットボトルの底に風船をつけた空気銃を使って、サッカーゲームやゴルフゲームで楽しく遊ぶ

・クルクルオチールブース
タンポポの綿毛のように、くるくる回りながら落ちるものを、紙やリボンを使って作り、落として遊ぶ

・ミュージカルブース
ミュージカル「白雪姫」で使う笛(小さいプラスチック容器とストローを使用)を作る

物理学研究室からは以下の3ブースを出しました。

・錯覚ブース
目の錯覚を利用したトリックやゲームをしたり、入れたお金が消える貯金箱を作る

・ロボットブース
学生が自作したネズミ型のラジコンで遊ぶ

・重曹あそびブース
重層を使った銃を使った的あてゲームで遊ぶ

P1230057

 

P1230058

ほとんどの子供たちがすべてのブースを回ることができ、

それぞれ科学の面白さを体感できていたようすでした。

最後に、子供たちと白雪姫を上演して閉幕となりました。

PICT0075

今回は年末年始を挟んでしまったので、準備期間が非常に短かったのですが

どのブースも完成度が高く、子供たちに楽しんでもらえたと思います。

最後に、卒論で忙しい中参加してくれた4年生、

年末年始に帰省しないで頑張ってくれた運営、

そして標津教育委員会の皆さん、本当にありがとうございました。


Comments are closed